薄毛やAGAの基礎知識や対策法を紹介します。

AGAや薄毛対策情報の「Hamilton Journal」

薄毛治療薬、個人輸入は危険が多い?!その理由とは

薄毛治療薬、個人輸入は危険が多い?!その理由とは

ミノキシジルやプロペシアなどの薄毛治療薬は、通常ですと専門医のクリニックの医師によって適切に処方されます。
それとは別に治療薬を手に入れる方法として、個人輸入店から購入するという方法もありますが、この方法での購入はリスク・危険性が伴うと考えられています。
今回は、個人輸入にて治療薬を購入するのがなぜ危険なのか?解説していきたいと思います。

個人輸入薬購入のメリット

薄毛治療薬を個人輸入で購入する際の危険性を解説する前に、メリットについて解説していきたいと思います。

安く購入できる

治療薬の価格に関しては外貨がベースになっています。
個人輸入代行業者によっては、為替レートが良いときに取引をしておいて安く販売する方法をとっていることもあります。
購入の仕方や店によっては、クリニックで処方されるよりも安く手に入れることが出来ると考えられます。

好きな時間に好きなだけ購入できる

個人輸入店で薄毛治療薬を購入する場合、インターネットで通販のように手続きをすれば買うことが出来ます。
インターネット購入なので、いつでもどんな時間でも手軽に手配することが出来るので、忙しい方にとってはとても便利に利用できるのは大きなメリットと言えます。
また安いタイミングでまとめ買いも出来るので、価格面でのメリットを増やすことも出来ると考えられます。
更に、インターネットでの購入は誰かに見られるという心配もないので、他人の目を気にすることなく治療薬を手に入れることが出来ます。

個人輸入で薄毛治療薬を購入するときの注意点

上記では個人輸入でのメリットを解説しました。
いつでも安く購入できるのは、毎日治療薬を使う上では大きなメリットがあります。
ただし、それだけで個人輸入を利用する場合は危険やリスクを伴います。
以下で個人輸入利用の注意点を解説していきます。

注意点1 偽造品・粗悪品の可能性

個人輸入店や輸入代行者を通じての購入でまず考えられるのが、偽装品や粗悪品のリスクです。海外で販売されているものの中には正規品のパーケージにかなり似せてある偽造品も流通しています。
これらの商品は成分の詳細を調べないと偽物かどうかの判断が難しいものもあります。
個人輸入店や輸入代行者が意図していなくともこういった商品を仕入れていて、知らずに購入して使ってしまったということも十分に考えられるのです。
また、これらは海外で生産されていて生産や流通の過程も不透明なのも気がかりです。
品質管理がしっかり行われていなかったり、劣悪な環境で管理されているということも考えられます。

注意点2 適切に使用できるかが疑問

薄毛治療薬のミノキシジルは、血圧を下げる作用があるため、血圧の降下剤を使用している方や心臓に障害のある方は使用が出来ません。
しかし、個人輸入店での購入は医師の診断なしでインターネットで簡単に薬を手に入れることが出来てしまいます。
便利ではありますが、間違って購入して使用してしまうと大きな副作用や重大な健康被害が出てしまうことも考えられます。
医師に処方したものであれば服用が可能か不可能かは勿論の事、使用上の注意点も説明してもらえます。
しかし個人輸入で購入した場合添付文章のみで、尚且つ英語表記です。
英語が分からない方だと、使用上の注意点を把握して安心して使うのは難しいと考えられます。

注意点3 副作用が出た場合、迅速な対応が受けられない

個人輸入や輸入代理店を通じて購入した薬を使用した場合、副作用が出ても迅速な対応は受けられません。
適切に医師に処方された薬を使っていて副作用が出たのであれば、医師はどの成分が副作用を引き起こし、対処はそうすればいいか全て把握しています。
しかし、個人輸入で購入した薬が偽薬だった場合、どのような成分が使われているか分からず原因の特定は困難になります。
そうなると、迅速で適切な処置や治療が受けられない可能性があるのです。
さらに、日本の医薬品を使用して重度の副作用が出た場合は救済制度が存在します。
ただし、自己判断で不適切に使用した場合はもの救済制度の対象にならないのです。

個人輸入すれば治療費も抑えられるし、買うのが楽~♪なんて単純なものではないのですね…
鈴木亮輔
確かにインターネットで簡単に、しかも安く薬が手に入るのは魅力的です。
しかし、リスクや危険性も十分に理解しておく必要があるのです。
偽薬の可能性や副作用が出た時にすぐ対応できないことを聞くと、怖いですね…
鈴木亮輔
その通りです。何か起こった場合、誰も保障してくれません。
健康は何ものにも代えられない大切なものですよ!

まとめ

今回は個人輸入店で薄毛治療薬を購入することの危険性を解説しました。
個人輸入店での治療薬の購入は、インターネットで気軽に購入できる上に安価です。
しかし、そのメリットだけに着目して個人輸入を利用するのは危険です。
個人輸入店で購入した薬が偽薬だったり粗悪品であれば、効果が出ないどころか重大な健康被害が起こる可能性も十分考えられるのです。
私は以前薄毛治療のクリニックに通っていた経験があります。
勿論そのクリニックで処方された治療薬を使っていましたが、治療の金額を抑えたい為に個人輸入の薬を使うことを検討したこともあります。
しかし、個人輸入での治療薬の危険性を知ってすぐに考えを改めました。
目先のメリットに飛びついて、体を壊してしまっては元も子もありません。
手軽に買えると言えど、医薬品には変わりありませんから、信頼できるクリニックに処方してもらった薬を適切に使用することをおすすめします。

Return Top